一味違ったワンルームマンション投資|高い利回りで成功しよう

賃貸契約に連帯保証人不要

男の人

賃貸契約が結びやすい

最近、賃貸契約などする場合に親族等の連帯保保証人が不要で賃貸保証会社に代行してもらうケースが増えてきました。これは、リーマンショック後に失業者の増加や非正規雇用の増加により、家賃滞納者の増加したことで、貸主や不動産仲介業者のリスクが高まったことにより増えてきたのですが、借主にとってもメリットがあります。それは、賃貸保証会社を使わなかった時代には、家賃滞納のリスクは貸主や不動産業者が負うことになるため、不動産契約時には敷金、礼金や場合によっては保証金として月家賃の3ヶ月〜7ヶ月分の費用が前家賃の他に発生する場合も多かったのですが、賃貸保証会社がこのリスクを負うようになったことで、それほど多くの敷金や礼金および保証金が必要だというところも少なくなってきました。また、親や兄弟に連帯保証人を頼みづらい人や従来賃貸契約を結ぶことが難しかった高齢者、障がい者世帯や外国人滞在者なども賃貸契約を結びやすい環境になってきました。

継続割引を活かす

賃貸保証会社の保証料は色々ですが、一般に2年間の保証料として月家賃の0.5ヶ月〜1ヶ月又は、1〜3万円程度の定額制をとっているところが多いようです。賃貸保証会社を使わなかった頃の数か月分の家賃に相当する額と比較して圧倒的に安くなったと感じます。しかし、家賃滞納が発生した場合、従来は貸主や不動産仲介業者が催促や督促を行っていましたが、あまりキツイ催促をすると悪評が立つため、ある程度ゆるい傾向にありましたが、賃貸保証会社は家賃滞納分の代位弁済が増え、その回収が難しくなれば会社の業績悪化に直結するため、家賃を滞納した後に保証会社への支払いが難しければ、従来よりも早い時期に立退きを要求される可能性もあります。しかし、一般に家賃をきちんと支払っていれば2年ごとの更新時には保証料が割引になるところが多く、同じ賃貸保証会社を継続すれば他の物件へ住み替えの際にも割引が適用されます。住み替えの際に、今までと同じ賃貸保証会社が使えるか確認することでメリットが生まれます。

このエントリーをはてなブックマークに追加